BLOG / ARTICLES

ブログ / 記事

BLOG,大久保純子

50代からの運動、幸福感を増すメカニズムとは?


50代からの運動、幸福感を増すメカニズムとは?

運動が必要なことはわかっていても、なかなか始めることができなかったり、

はじめたとしても、継続するのは難しいですね。

ジムに通いはじめたとしても、仕事が忙しくなって、時間が取れなくなると、

いつの間にかジムから足が遠のいたり。

50代ともなると体が疲れやすくなってきて、

そもそも仕事の後に運動する余力が残っていなかったりと・・・

特に新しく物事を始めることは、ものすごくエネルギーがいりますね。

でも、運動することのメリットは、計り知れません。

特に50代、更年期に、適度な運動を継続して、改めて身体づくりすることは、

健康寿命を伸ばし、より仕事に、趣味に、思う存分エネルギーを捧げることが

できるようになります。

そこで、今日は、

運動することのメリット、幸福感を増すメカニズムについて、

お話ししたいと思います。

1.自律神経のバランスを整える効果

ストレスが多い現代社会の中で、人が長期のストレスにさらされると

自律神経のバランスを失いっていきます。

状態が悪化すると、「うつ」 などの精神状態の異常をきたすこともあります。

その自律神経のバランスを整えるには「運動」がとても効果を発揮します。

脳のど真ん中には「扁桃体」 とよばれる場所があります。

この部位は動物が敵と遭遇した時に、逃げるか?戦うか?を決める、

本能的な判断をする場所 なんです。

この 「扁桃体」にストレスを過剰に感じさせないこと が、

楽しく生きられる条件のひとつの要素です。

2.ストレスと運動の関係、快楽ホルモン「エンドルフィン」

次に心的ストレスがかかると、 例えば、緊張したり、怒りをおぼえたりすると、

血圧の上昇、心拍数の増加(明らかな) を感じますね。

運動をしたときも、

この心的ストレスがかかったと同じように、血圧・心拍数が上昇 します。

つまり、「 運動する = 心的ストレス 」がかかったと同じ状態になります。

「疑似ストレス」がかかった ということになりますね。

そして、運動した後、ストレスから開放され、

脳内には、快楽ホルモンと呼ばれる「エンドロフィン」 が分泌されます。

この「エンドルフィン」の分泌によって、

人間は、すっきり感 、 爽快感、幸福感 を感じます。

3.運動を継続することでストレス耐性ができてくる

運動を続けることで、

脳は血圧の上昇、心拍数の増加を体にとって悪いことではないと、

少しずつ認識することができるようになり、

多少のストレスには過剰に反応しなくなる身体ができてきます。

つまり 「ストレス耐性」 ができくるということです。

ストレスの多い現代社会で、楽しく、

そして、充実感、幸福感を感じて毎日を過ごすためには、

適度な 「運動」 を継続 することがとても重要な基盤になるということです。

50代からでも遅くありません。

仕事に、趣味に、情熱とエネルギーを注いで行きたい方は、

ぜひ、身体を動かし、心を癒す時間を持っていただきたいです 。

パワープレートで行うパーソナルトレーニングは、

運動があまり得意でない方、運動を継続するのが難しい方でも、

短時間で効率よく、身体づくりができます。

パーソナルトレーナーが、楽しく運動でき、継続できるように、

そして、痩せたい、美しい体のラインを作りたい、持久力を上げたいなど、

目的に合わせた、オーダーメイドのトレーニングメニューで、サポートします。

ぜひ、一度、体験レッスンにお越しください。

✨✨✨体験レッスン受け承り中✨✨✨
体験レッスンのご予約はお電話またはHPでお待ちしております。
TEL:029-879-5481
HP:https://green.thp.co.jp/